子供に歯列矯正をする際、タイミングを見て行う必要があるのでしょうか?

世界歯科協会の研究によると、子供の歯列矯正を行う上で最適なタイミングは8歳から16歳の間とされています。これは永久歯と乳歯の交換時期を指します。

子供にとって歯列矯正するタイミングはいつですか?

永久歯と乳歯の交換時期

世界歯科協会の研究によると、子供の歯列矯正の最適なタイミングは8歳から16歳とさてています。これは永久歯と乳歯の交換時期を指します。

この段階では、子供の顎骨と永久歯は柔らかく、まだ完全に発達していません。したがって、歯列の調整と歯の再配置がより簡単かつスムーズに行うことができます。また子供にとって矯正器具の痛みと不快感が軽減され、最大限の効果を発揮することができます。加えて、この期間中の歯列矯正は
治療期間が短く、治療費用を抑えることもできます。

ただし、この時点での子供の歯列矯正はお子さんの協力も必要ですし、個々のお子さんの歯の状態よってタイミングが変更になる場合があります。

いくつかのケースにおいて6歳から7歳の子供で永久歯が生え始めて顎関節の症状や兆候が認められる場合は、すぐに歯列矯正をお勧めすることもあります。

また他の子供では、歯の交換時期が通常の年齢よりも遅れて発現するケースでは、女の子で16歳、男の子で18歳になるまで治療期間が変更になることがあります。

子供の歯のケア・親が注意しておくべきこと

歯列矯正の良い治療成果と治療期間をより短くするために、親は子供を定評のある歯科医院に6ヶ月おきに検診に連れて行く必要があります。これは医師が子供の歯、歯茎、顎骨に関する問題を早期に発見するのに役立ち、そこから永久歯の生えてくる時期に合わせた治療法を予測することができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Call Now Button