クラウンとブリッジ

欠損歯の代替、歯の形、大きさ、強さや見た目の改善などの歯科再生プロセスは素材によって、院内技工所またはデンタルオフィスで製作可能です。

クラウン、歯冠は歯の形をしており、歯を破損から守り自然な見た目になるよう再形成します。通常クラウンを被せる際には天然の歯は少ししか残っていないため詰め物の量が多くなります。

ブリッジとは欠損歯の両隣の歯を削って被せ物をすることです。ウェストコーストインターナショナルでは、失われた歯の代わりとしてインプラントまたはブリッジを提供しています。

歯科学の進化に伴い、より本物に近く審美的な見た目の歯を提供することが可能となりました。しかし歯の“ 付け心地“も重要なことをご存知でしたか?素材や磨き方により不快感を覚えることがあります。クラウンは天然の歯よりも強いため、噛み合わせがよくない場合や歯ぎしりをする場合は天然の歯を削ってしまう恐れがありましたが、技術の発展でより丈夫かつ審美的で体になじみやすい素材を作ることが可能になりました。

クラウンの出来具合は歯科医による歯の準備の仕方と歯型によって決まります。新しいコンピューター技術によってクラウンのフィットと歯型の正確さを直ちに確認することが可能です。またウェストコーストでは、Exocadと呼ばれる西欧プログラムを使用し、当院の技工士が患者様の最も理想とする外観を決めます。

ウェストコースト歯科医院では最新且つ最高の技術を使用することで、患者様に美しく自然な笑顔を提供しています。

当院の技工所で製作された6つの歯

当院の技工所で製作された6つの歯


続きを読む