クリーニング & 小児歯科

専門医による歯石・歯垢除去
カナダ、オーストラリアまたはアメリカの歯科協会が、なぜ患者様に6ヶ月に一度の検診を勧めているか疑問に感じたことはありますか?その理由は健康な歯と歯茎を保つためには定期健診が不可欠だからです。

歯科定期検診は専門家による歯の洗浄を受け、歯茎の感染などをより早く見つけるために不可欠です。歯肉炎は年齢に関わらず発症しますが、通常成人に起こりやすくほとんど痛みがないため気付かない場合が多いです。もし治さずに放っておくと、歯肉炎は歯周病や後に歯の損失、心臓病、脳卒中、早産、低出産体重などの健康問題を導く場合があります。

ウェストコーストインターナショナルでは、口腔の健康を保つために非常に丁寧なクリーニングを行っています。当院ではほとんどの患者さまに最低年に一度の検査、また矯正治療中の患者様には3ヶ月毎の検診をお勧めしています。適切な検診により深刻な健康問題を予防し、口腔の異常をより早く摘発することが可能です。

口腔状態が良くない場合、歯石や歯垢が短期間で溜まってしまうため注意が必要です。もし歯石や歯垢を除去しない場合、硬くなり歯肉組織に炎症を起こすため歯周病を簡単に引き起こしてしまいます。歯石・歯垢除去 、艶出しによってお茶、コーヒー、タバコの着色を取り除き、より白く輝いた笑顔を導きます。

小児歯科
乳歯は永久歯が成長する適切なスペースを保つために重要な役割を果たします。お子様の歯を健康で強く保つことは、痛みや感染を防ぐため、またお子様がきちんと食事を取るために不可欠です。 子供が何歳になったら歯科医院に連れて行くべきかという質問が頻繁にありますが、アメリカの小児歯科医によると、初めて乳歯が生えたときまたは1歳の誕生日頃に連れて行くことが最善だそうです。

ウェストコーストインターナショナルは、お子様の健康について何か問題が起こってからではなく、事前に話し合うことがより効果的であると考えています。例えばお子様がプールサイドや遊び場で顔を打った時に初めて歯科医院を訪れてしまうと、どうしても歯科医院を怖い場所・経験と結びつけてしまうからです。

私たちはお子様の訪問を楽しく面白くするだけでなく、歯科衛生についての教育も同時に行う専門家です。 初めての歯科医院訪問、または10代での訪問においても予防歯科に力を入れており、お子様が悪い歯並びや暗い笑顔で過ごすことのない解決法を提供しています。

お子様が歯科医院で初めて検診を受ける際には以下の事項をお勧めしています:

  • 歯科医院を訪問するということをお子様に必ずお知らせください。
  • もし疑問がある場合は、特別に歯医者さんに行く必要があると説明してください。
  • いい子にするならご褒美をあげるなどとお子様を甘やかすことはしないでください。

ご来院の際、受付スタッフにお子様の初めての歯科検診とお伝えください。当院ではお待ちの際にお子様が楽しく過ごしていただけるよう、おもちゃやアニメなどを設備しております。診察の際にはお子様と一緒に診察室へお入りください。

また、お子様が椅子に座ることや口を開けることを嫌がる場合は無理やりお子様を押しつけることはしないでください。もし治療に抵抗しているようであれば、お子様の歯の磨き方などを医師とご相談してください。 まずはお子様に無理させず、歯科環境に慣れていただくことが大切です。


続きを読む